プラグチェックとメインジェット交換

SP2を装着した場合、プラグギャップを0.7から1.1に変更しないといけないとSP2の説明書に書いてあるので、1.1に変更になっているか今からチェックしてみます。ついでにメインジェットを少し下げるつもりです。

結果はまた後ほど追記します^^

【ここから追記】

プラグをチェックしてみました。
濃い目に振ってるのでプラグはもちろんススいっぱいです。
まぁこれは今のところ放置するとして(オイ!)
目的はプラグギャップがどれくらいかです。

イリジウムプラグに変更されていて、プラグレンチのサイズも合わず、合うプラグレンチをゴソゴソ捜すのに時間がかかってしまいました・・・・

結局何かの純正プラグレンチしか合うのが無かったので、それを使用する事に。
でも、純正の簡易レンチなので、プラグを緩めることは出来ても、プラグをそのまま出す事が出来ません。
そこで活躍するのがコイツ↓
c0128914_0223056.jpg

クネクネ曲がるマグネットです。
これをプラグホールに入れると簡単に取れます^^
こんな感じに↓
c0128914_0232796.jpg


ニンジャ以外のバイクにも言える事ですが、プラグホルダー付きのプラグレンチでも、2番や3番のようにイグニッションコイルやら何やらがジャマで上にスッと抜けない時も便利♪
入れる時も上から落とす事なく出来るので、誤って落としてしまってプラグギャップがかわってしまうとかもないのもいいです。

本題のプラグのギャップはどうだったかというと、全部0.7mmで合わされてました。
それを全て1.1mmに変更
全てが細いイリジウムプラグなので、「使ってるうちに先っちょ折れるんちゃうか・・・?」と思いながらもやってみました。

プラグギャップが0.7mmだった事もあり、今回はキャブはさわらないようにします。
同時に2箇所以上変化してしまうと、0.7mm→1.1mmへの変更がどのように出るかわからないからです。

ここでおまけネタを一つ。

c0128914_0294252.jpg


これ、何だかわかります?
フレームの左右にあいてる穴にT型レンチを通してタンクを押し上げてます。
今回は横着して、サイドスタンドのまま作業したので、T型レンチがズレそうになりましたが、メンテナンススタンドを使えばキッチリタンクを固定してくれます。
タンクを持ち上げる高さは、T型レンチの角度を変えるか、長さの違うT型レンチを使用したらいいとおもいます。

で、なんでこんな事をするかというと、

いろんな事に使えるのですが、今回の場合は、安定した状態でガソリンのホースをコックに繋げる為です。
塗りたてのタンク等の外装をホース取り付け時にフラフラしてキズつけたくないので^^;
これを使えば、一人でフラフラしながらタンクを持ち、ホースを繋げようとしてる時に
「ムキーッ!!ちゃぶ台のごとくひっくり返してぇ~!!!」
ってならないです。(どんな例えだ・・・

ま、横着者が軽い整備やチェックをする場合に使用するネタなので誇れるネタではないですが、一応書いときます・・・w


プラグギャップを変更し、エンジンを始動してみると、アイドリングが下がってます・・・(800rpmくらい
でもやたら安定していて、バラつきがありません。
2000~3000の感じもいいし、全体的にいい感じかも?

6速エンドの調子もみたいので、今からいつもの中島パーキングでも行ってきます^^ノシ


あ、メモし忘れてました。
SP2の設定を0に戻しました。

「あ、」part2 ですが、神戸湾岸って須磨の近くまで延長されるみたいですね~
10年計画らしいですが・・・・
日経に載ってました。
10年後もニンジャで湾岸行けてるんやろうか・・・
ま、岡山国際サーキットから帰る時は重宝しそうですね!
岡国に行く場合も、仲間と行く時はお金を節約して、中国道では行かず、神戸線で行く事が多く、行きはいいのですが、帰りは須磨辺りからほぼ渋滞。
サーキット走行後の渋滞は眠さとの戦いで泣きそうになるので、湾岸がはやく延びてくれるといいなぁ~

高速ネタで思い出しましたが、僕の中で今、300kmオーバーで走れるバイクで走ってみたい道路NO.1は『第二京阪』です。
高速コーナーが続き、直線もあり、車線も多く、真昼間でも交通量がめちゃくちゃ少ない♪しかもまだ路面がいいし♪
CBRみたいなSS系なら6速でヒザすって遊べるんじゃないかな?
交通量が増える前に遊べたらいいなぁ・・・
できれば今のニンジャで。。
エンジン積み替えないと無理だけどorz


あ、やっぱり今日は阪奈行ってきます(爆)
[PR]

  by kshin132 | 2007-08-24 22:45 | ニンジャ

<< ニンジャのタイヤリコールとCB... 過去のバイク達 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE