「ほっ」と。キャンペーン

TMR-MJN キャブO/H

少しでも標高が高くなったら調子が悪くなるキャブをどうにかする為にまずキャブをバラしてみました。
前オーナーから説明書等はもらってないので、ジェット等のノーマル番数等を知りません。
だからヨシムラに電話してみました。

GPZ900R用TMR-MJN38パワフィル仕様の場合、パイロットは1回転戻し、エアスクリューは1-3/4戻しらしいです。
今僕のはパイロットが1-1/2・・・・
ヨシムラさんから、『まずパイロットもエアもノーマルに戻してパイロットジェットを交換してください。パイロットもエアも固定でOKです。』と言われたので、エアスクリューの戻しとパイロットジェットの番数確認&スペアで可能ならジェットの交換をする為にキャブをせっせとバラすと・・・・

なんじゃこりゃぁ~~!!

c0128914_2331494.jpg


Oリングが1番と2番しか入ってないやんか・・・・
Oリングってコレ↓
c0128914_2335488.jpg


エアスクリューはどないなセッティングになっとるんやろ・・・・
と思ってみてみたら、見事にバラバラ・・・・
1/4回転~2回転と、4つともバラバラでした。。

うーん、むちゃくちゃや・・・・・
いくらバランス取る為にバラバラに調整するにしてもむちゃくちゃすぎる・・・・
どうりで同調もあやしかったはず・・・
この前ムリヤリ合わせてもうたやんかorz
やっぱり横着はダメですね。。ちゃんと点検してからじゃないと。。

なんか全部見ておかないと怖くなったので、さらにバラしていって、結局軽いO/Hをしました。
パイロットジェットも交換しようとしたのですが、今使ってるのが20番、スペアで持ってるので一番小さいのは27番・・・
Oリングも無いことですし、27番入れて調整してもいいけど、せっかくパワフィル仕様なんだからフィルター通った空気を吸わせたいしなぁ・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・今回はこのままいきます(爆)

そして同調も目視で合わせ、とりあえずOリングは全部取っ払い(本当はあかんけど)、他は規定値にして組み込んでみました。

そしてエンジンをかけたら・・・

3000以下が薄々~orz
それより上は気持ちよくまわってくれますが。。。

キャブのOリングを購入して届くまで、パイロットを1-1/4にして誤魔化しておこうとおもいます。。。
これでもまだ薄いので明日にでも1-1/2~1-3/4にしてみようかな。
ま、一応温まればアイドリング付近は安定していて街乗りは出来そうなので、ゆっくりやってみます。

あと、今回の作業を見学してた通称ナイーブ君がバックステップのボルトの緩みとラジエターホースからの微妙なクーラント漏れを発見してくれました。
やっぱりサーキット走ったらいろいろ出てきますねぇ・・・・・
走る前に各所点検してたんだけどなぁ・・・・
[PR]

  by kshin132 | 2007-09-13 02:52 | ニンジャ

<< エアジェットのOリング ニンジャで岡国 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE