2007年 09月 04日 ( 1 )

 

TMR同調とアーシング

パワフィルの取り付けが微妙にズレているように思うので診てみる事に。
外してチェックしてみると、一応2次空気は吸っていない状況でしたが、各フィルターのバンドが少しずれてついていたので調整しました。
c0128914_23321677.jpg

ほんとは新品交換が一番ですが、変に型がついてしまったフィルターを矯正する為にタイラップを使用しました。
オススメするものではないですが、CVKのキャブにパワフィルをつける場合、ポコっと外れやすいのでこれでバンドのズレを無くしたりしてました。
(CVKの場合は後ろ寄りではなくてバンドのすぐ後ろにタイラップで丁度になります)
今回はTMRなので取り付け方法は違いますが、バンドが少し後ろまでかぶって取り付けられていたのでこのようにしました。

ついでに目視でキャブのバルブをチェックすると、1番だけ大きくズレがあったので、目視同調をとってみました。
今度バキュームでテストしてみようとおもいます。

またまたついでに、A6ニンジャの前オーナーさんから新品状態でオマケとして頂いていた、GPZ900R用アーシングを取り付けしてみました。
c0128914_2344206.jpg

アーシングに関しては、色んな意見がありますが、仕事絡みでお客さんの車両をアーシング専門店に出した事があり、装着後はレスポンスがよくなったのを体感しているので、盆栽ニンジャにもつけてみようと思いました。
クルマの場合、昔乗っていたアルトワークスにつけた事があるのですが、アイドリングが安定&アイドリングが微妙に上がったりし、踏んでいった時に感じが良くなった事がありました。

ま、実際、手元にあるんだったらつけてみたくもなります。

このキットは4ヶ所のアーシングでした。
c0128914_23425953.jpg

つけたらこんな感じ。
なんかいかにも素人が触ってるって感じになっちゃいましたorz

ま、せっかくつけたのだから、この後阪奈にでも試乗に行ってみます^^
[PR]

  by kshin132 | 2007-09-04 23:46 | ニンジャ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE